• 内視鏡外科手術トレーニングセンター
  • 九州大学大学院医学研究院先端医療医学講座

受付時間のご案内

診察日:
月・水・金(要電話予約)
092-642-5993
初 診:
午前8時30分−11時
再 診:
午前8時30分−11時
午前8時15分−17時(自動再来受付機)
休診日:
土・日・祝日、年末年始

※診察券・保険証をお持ちください。
※電話予約がない場合は、待ち時間が長くなることがあります。

九州大学病院 先端医工学診療部

〒812-8582 福岡県福岡市東区馬出3-1-1
  • TEL:092-642-5993
  • FAX:092-642-5199
  • 採用情報

低侵襲治療とは TANKO

単孔式内視鏡外科手術とは

内視鏡外科手術法のひとつで、おへその部分一か所だけの傷で手術を行います。主に欧米で行われてきましたが、近年わが国でも徐々に行われるようになりました。通常の腹腔鏡下手術法(従来法)がお互いに離れた3〜5個の傷(それでも開腹手術よりずっと小さな傷です)が必要となるのに比べ、丁度おへその真上にだけに傷がつくので、傷がほとんど目立たず美容的に非常に優れています。

CAMITではこの方法を胆嚢摘出術、虫垂切除術、大腸のポリープ、鼠径ヘルニア根治術などに応用していますので、本手術を希望される方はお気軽にお問い合わせください。 ただし、症例によっては本法が困難と考えられる場合もありますので、予めご了承ください。

傷の位置

ページの上へ

Copyright © 2009 CAMIT All Rights Reserved.