• 内視鏡外科手術トレーニングセンター
  • 九州大学大学院医学研究院先端医療医学講座

受付時間のご案内

診察日:
月・水・金(要電話予約)
092-642-5993
初 診:
午前8時30分−11時
再 診:
午前8時30分−11時
午前8時15分−17時(自動再来受付機)
休診日:
土・日・祝日、年末年始

※診察券・保険証をお持ちください。
※電話予約がない場合は、待ち時間が長くなることがあります。

九州大学病院 先端医工学診療部

〒812-8582 福岡県福岡市東区馬出3-1-1
  • TEL:092-642-5993
  • FAX:092-642-5199
  • 採用情報

低侵襲治療とは OpenMRI

Open MRIとは

Open MRIは一般の筒状のMRIとは違った形状を持ったMRI装置です。
下図に示すようにOpen MRIは、患者さんの前後を挟むような形状をしており、撮影を行うと同時に医師が患者さんに接して治療を行うことができるのが特長です。つまり診断と治療を同時に(=リアルタイムに)行うことができるのです。

九州大学病院は「Open MRI治療室」を設置した全国でも数少ない施設の一つです。
「Open MRI治療室」はCAMITが中心となって運用しています。

筒状のMRI(一般のMRI)
筒状のMRI(一般のMRI)
Open MRI
Open MRI
九州大学病院Open MRI治療室
九州大学病院Open MRI治療室

Open MRI治療室でのリアルタイムナビゲーション手術

低侵襲治療とはいえ手術である限りハプニング(※)はつきものです。そこで、CAMITでは、直接確認できない隠れた情報を、手術中リアルタイムにわかりやすく外科医に提示するナビゲーション手術をOpen MRI治療室で行っています。 このOpen MRI治療室におけるナビゲーションは手術の安全性の向上に貢献します。

右の写真は、腹腔鏡画像にOpenMRIで撮影した総胆管の正確な位置を重ねて見せることにより安全で確実な手術を行っているところです。

ロボット手術

(※)腹腔鏡下胆のう摘出術の術中ハプニングと頻度の全国統計
腹腔鏡下胆のう摘出術の術中ハプニングと頻度の全国統計

ページの上へ

Copyright © 2009 CAMIT All Rights Reserved.