• 内視鏡外科手術トレーニングセンター
  • 九州大学大学院医学研究院先端医療医学講座

受付時間のご案内

診察日:
月・水・金(要電話予約)
092-642-5993
初 診:
午前8時30分-11時
再 診:
午前8時30分-11時
午前8時15分-17時(自動再来受付機)
休診日:
土・日・祝日、年末年始

※診察券・保険証をお持ちください。
※電話予約がない場合は、待ち時間が長くなることがあります。

九州大学病院 先端医工学診療部

〒812-8582 福岡県福岡市東区馬出3-1-1
  • TEL:092-642-5993
  • FAX:092-642-5199
  • 採用情報

低侵襲治療とはEsophyX

EsophyX™とは

EsophyX™は、逆流性食道炎や胃食道逆流症の内視鏡的治療器具です。

EsophyX™は、のどから入れ、胃カメラで観察しながら胃の内側から治療を行う最先端の治療器具で、通常の胃カメラの検査と同じようにからだへの影響が少なく、外科手術のように体の表面にきずがつくことがありません。右図のような形をしています。

EsophyX

EsophyX™による逆流性食道炎や胃食道逆流症に対する内視鏡的治療法

胸やけ(胸がやけるような感じ)、ノドの違和感(イガイガ)、ゲップ、胃が重苦しい、おなかが張るなどの症状が頻繁に続く場合、逆流性食道炎あるいは胃食道逆流症という病気の可能性があります。

まずは、生活習慣の改善と内服治療が行われますが、治療経過が芳しくない場合は、一般に内視鏡的治療や手術が考慮されます。

近年、内視鏡の発展とともに逆流性食道炎や胃食道逆流症に対する内視鏡的治療法が開発されました。その中でもEsophyX™による治療は最も効果的だといわれています。下の図のように内視鏡に沿わせて口から挿入し、食道と胃の境目に逆流防止弁(胃液の逆流をせき止めるひだ)を作製します。

EsophyX™による治療の図解
内視鏡的治療法

EsophyX™による治療例

右の図は実際の患者さんの内視鏡写真です。 左図は胃のなかから食道を眺めたところですが、食道と胃の境目が大きく開いています。こうなりますと胃液が食道に逆流するわけです。

右図はEsophyX™治療後の内視鏡写真です。胃と食道の境目に大きな逆流防止弁ができているのがお分かりになると思います。

患者さんの内視鏡写真

ページの上へ

Copyright © 2009 CAMIT All Rights Reserved.